10月 17, 2018

ロゴをデザインする時の大切なポイントについて

ロゴデザインは、企業や取り扱う商品などのイメージを大きく左右することになるためとても重要になります。しっかりと考えずにロゴマークなどをデザインしてしまうと、多くの人からの注目を集めることができません。ロゴマークなどをデザインする時に重要になるポイントは、カラーを多くするのではなく白黒でもしっかりと表現できることです。企業や商品のイメージを表現するロゴは、様々な媒体に印刷されることが少なくありません。商品に印刷する場合はカラーでも、媒体によっては白黒で掲載されることも多いため注意が必要です。カラーを使い過ぎてしまうと、白黒で印刷した時に見えにくくなってしまうことが珍しくありません。カラーで印刷した場合でも、色を使い過ぎていると何を表現しているのかがわかりにくくなるので注意しましょう。

ロゴマークなどをデザインする場合は、企業や商品のイメージなどを表現できるカラーを基本にしながら使い過ぎないのがポイントです。いろいろな場所に掲載されることをイメージしながらデザインすることも、ロゴを考える時の大切なポイントになります。企業の看板や商品などだけではなく、顧客などに配布する封筒や得意先に配る名刺などに印刷されるのがロゴの特徴です。

看板や名刺などに印刷する場合のように、掲載される大きさに差がでてくることを想定しながらデザインしていくのも大切なポイントになります。大きく印刷した時だけではなく、名刺などのような小さくして使う場合も考えながらデザインを決めることも重要です。流行などを取り入れて考えてしまうと、短期間だけしか使えないものになってしまうことも少なくありません。流行を取り入れることは大切になりますが、すぐに飽きられてしまう可能性が高くなるのがデメリットです。企業などイメージを表現する大切なマークになるので、長い期間で使えるようなものにすることも大切なポイントになります。他の企業とは違う独自のデザインにすることも、ロゴを考える時の重要なポイントです。

シンボルマーク 制作 についてはこちら