1月 18, 2017

企業ロゴとは

企業ロゴは、会社や企業のもつイメージをロゴデザインや色と形で集約して表したもので、企業の経営者や理念などの思いが制作する段階で込められているロゴなど様々に存在しています。

またロゴを見直して販売促進や会社のグッズなど活用次第では、色々な変化や価値をもたらしてくれるものともなります。活用することで様々な場面で会社の宣伝にもなり、あらゆるデザインのバリエーションもあります。ロゴの種類では、マーク型や文字型などに分かれ、企業の事業内や歴史に社風などを表すことによってパンフレットや名刺、ホームページにも活用して広告物に印刷すれば会社のアピールにもなり信頼感や安心感を与えることも可能となります。

某引っ越し業者やアップルなどのロゴデザインは印象的なデザインとなって好印象や誠実な印象を残すことで他社との差別化を図ることもできます。文字型のロゴでは一層簡潔に会社のアピールを表現することができ、真面目さや信頼の堅いイメージとともに馴染みやすい印象とのバランスもとりやすくなります。

ロゴデザインには、企業や会社の由来する意味や象徴する理念などが込められており、Calpisでは、「Cal」はカルシウム、「pis」には仏教から由来する醍醐味を指す意味合いとなっていて、上質な乳製品を作るという思いが込められ、ロゴを変更した経緯もあります。

スターバックスのデザインでは、ギリシャ神話に出る人魚を模して世界中の人を魅了したいとの思いで馴染み深いデザインとなっており、1987年から2011年まで変更が繰り返されて、事業の拡大及びイメージの払拭も狙ってのタイミングで変更され現在の企業成長へと繋がっています。

このようにロゴをさまざまなモチーフとして活用し、会社のブランド戦略や企業の躍進のため戦略として活用されています。ロゴ制作では、ポイント抑えて作り積極的に活用することで世間に企業イメージを印象づけることが容易になります。